top of page

手の味がおいしい?食文化の多様性を学ぶ“手で食べるカレー体験”開催


突然ですが皆さんはカレーを手で食べたことありますか?

実は僕

毎日カレーを手で食べています。

きっかけは“TikTok”でのライブ配信を始めたことでした。


毎日ライブ配信するとネタが尽き

視聴者が伸び悩み始め、何かおもしろい

ことないかなぁなんてぼやっと考えながらレストラン内をウロウロ。


そこで目に留まったのがまかないの骨付きのビーフを器用に指でちぎり、カレーとご飯を指でこねて食べているアロム(バングラデシュ)のすがた。


「これだ!」

と思ったのが手で食べるカレーのきっかけでした。



思い立ったらすぐ行動!(僕の悪いクセです。。。)

その日の夜に早速やってみちゃうんです。


そしたらね!

なんとまぁ美味しいこと!!


なんだろう、、、なんか手の味がして美味しい(笑)

表現がむずかしいけど。。。しいて言うならば


まるで母が手で握ってくれたおにぎり


手でまぜていると料理を作ってる感覚になったんです。

あー。人が手でさわった料理っておいしいんだなぁ

というのを感じたのでした。


後日これTikTokのライブ配信したんです。

そしたら視聴者が5000人越え!すごいですね。

いろんなコメントがある中で特に多かったのが

「おいしそう!」「食べてみたい」「やってみたい」

という意外な言葉

しかも若い子ほど興味があるということにビックリ。。。


んん・・・

これってもしかして食文化の違いが気になる!?

多様性じゃない?そう思ったらやっちゃう?


ということで

木更津市教育員会

金田地域交流センター様に

ご協力いただき

木更津市の小学生を対象に

手食文化体験イベントを開催します!


生のバナナの葉っぱに

カレーやマンゴーの漬物・から揚げなど

手でまぜながら食べる。


さらに

折角なので当日は東南アジア諸国で纏われている

民族衣装“ルンギ”

を着てご飯を食べてもらいたいと思います。


日本は島国がゆえ他国の文化に触れあうことが稀有な状態です。

さまざまな生き方を認め合う時代だからこそ

小学生のみなさんにこの体験を通して

楽しく美味しく文化の違いを知っていただけたら嬉しいです。


↓お申し込みは以下QRコードより↓

※定員になった場合は抽選となります



閲覧数:203回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page